日々、家、暮らし。 毎日の暮らしのなかでのこと。。。大好きな家、インテリア、収納について。大切な家族のこと。おでかけやお気に入りのお店のこと。

切手のあれこれ

e0342314_13375165.jpg
切手マニアとかじゃ、ぜんぜんないんです。
誰かにお手紙を送るとかってわけでもなくて・・・

このムーミン切手。誰かのブログで見かけて、かわいいなぁ・・・って。
たまたま、郵便局に行く機会があって。

つい、買ってしまった・・・だって、かわいいよね。ねぇ。
別に特にムーミンファンでもないのに。
80円のは、1枚の中に何人かのキャラが入った絵で、
色も全て同じグレー系で。こっちのがかわいくて。


その後。私宛のはがきに、これが・・・
e0342314_23405974.jpg


偶然にも同じムーミンが・・・!!そして・・・・このはがき、
なぜか、消印がない・・・年賀状では見かけるけど・・・

昔、働いてた会社の事務員さんが、消印が切手から外れて打ってあるのは、
もう一度使える~って、水につけて、はがして使ってたなぁ・・・
と思い出して。

でもそれってどうなの・・・?と改めて調べてみる。↓↓↓

郵便法 第八十四条 (料金を免れる罪)  
不法に郵便に関する料金を免れ、又は他人にこれを免れさせた者は、
これを三十万円以下の罰金に処する。
○2  郵便の業務に従事する者が前項の行為をしたときは、
これを一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
→切手の再利用は、郵便法違反になる!!(え~!?そうだったの)

そして・・・消印のない切手届くのはなぜ?↓↓↓

ポストに投函されたものは揃えて消印機や手で押すのですが、
機械にしても手でするのもたまに漏れもあります。
原因はくっつきや次のものを送る際に2枚同時に送ったりとか
要因はいろいろあります。
本来消印が漏れているものがあった場合気がついた職員が赤のペンで
〒マークを書くことになっています。
しかし今はそれを知っている職員は7割程度だと思います。
またそれを実際にしている職員は1割程度だと思います。
しかし100%発見は難しいと思います。人がやっていることですから。

そして、そして、・・・見えない消印がある??↓↓↓

現在の郵便物は、あて先を機械で仕分けする為
見えないバーコード(ブラックライトをあてると見える)が印刷されている。
が、これは、切手部分ではなく、宛名部分に印刷されている。
→ということは、やっぱり、再利用してもわからない?

そして、そして、そして、・・・消印がなくても、使用済みかがわかる???↓↓↓
郵便物はすべて特殊なインクが表面に塗られていて、
それを機械に通すとブラックライトで浮かび上がるようになっているため、
一度使ったものかどうか分かるのです。
→いや、いや、バレバレですよ?


って、調べれば調べる程、知らなかった、事実が・・・・
(最後のほうはホントなのか?ちょっとわかりかねますが・・・)

いずれにしても、使用済み切手の再利用は、犯罪にあたること。
そうであっても、なくても。やっぱり、人として。
やっちゃダメなこと。ってひとつ勉強した~(今更・・・)


e0342314_23395154.jpg
e0342314_23390243.jpg


さて、これ、息子、チビすけの机の上。
これも郵便局で。チビすけ大好きな新幹線。デザインがかっこよくて。
私も気に入り。早速、100均のフレームへ。

いい感じでしょ。一緒に駅弁の入れ物の新幹線と。
プラレールアドバンス。飾ってみた。

本当は、現行切手より、海外の古切手が大好き。
やっぱりフレームに入れて、インテリアに。写真のスクラップや、
ラッピングに。ペタペタ。

また、それもそのうちに、記事にしてみたいと思います。


[PR]
by kazu04nori10 | 2015-06-11 14:02 | インテリア